カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

損をしないコタツの選び方

  • 1.基本の形 (正方形・長方形・円形)
  好みが大きく左右する形。 どこで使うかによって得にも損にもなる 形について解説したいと思います。
  正方形 メリット:個人の部屋・少人数で使う場合に場所を取らない。 
      デメリット:複数人で使う場合、伸ばした足がぶつかる。 
  長方形 メリット:複数で使う場合、足が当たり難い。 大勢で使える。 ソファの前で使う場合、場所を取らない。 
      デメリット:幅の分だけ場所を取る。 
  円形  メリット:角が無いので、どこからでも座れる。 足や頭を打って痛い思いをする可能性が少ない。
      デメリット:場所を正方形に取る。 複数人で使う場合、足がぶつかりやすい。
  • 2.カラー (ベージュ・ブラウン・ウッドパターン)
  好みや周辺の色に左右されやすい色の選び方について解説していきます。
  ベージュ系(オーク・アカシア・チーク・タモ・ナラ・チェリー)
      メリット:主張しすぎない色で馴染みやすい。 明るめの色が多く、傷が入ったときに目立たない。
     デメリット:床や壁が似たような色の場合、空間全体が間延びする。
  ブラウン系(ウォールナット・レオ・各種色塗り)
      メリット:色の濃さがあるので重厚感と高級感がある。 シックな雰囲気で落ち着く。
     デメリット:傷が入ると目立つ。 ほこりや指紋等、汚れが目立つ。 
  基本的には床やカーペットと濃淡が違う色を選ばれるほうがいいです。  例:床やカーペット・ベージュ系=コタツ・ブラウン系
  どうしても色の好みを優先したい場合はカーペットの色で調整していただくといいかと思います。
  • 3.脚の太さ
  は普段使う上で強度に影響ありません。  強度に重要なのは、脚を取り付けているネジの部分です。
  • 4.日本製
  日本製塗料の安全性、ネジ強度突板強度海外一般的、安心で長寿命です。 価格は高めになりますが、耐用年数が長くなりのでコストパフォーマンスが高いです。

炬燵(こたつ)の歴史

◆炬燵は室町時代にさかのぼり、囲炉裏の上に櫓を組んで布団をかけたのが始まりだとか。  今あるような囲炉裏を床より下げて掘りごたつにして使うことが多かったようである。

◆コタツは火鉢とともに冬には欠かせない暖房器具として使用されてきた。

◆熱源として木炭・練炭・豆炭等を用いていたようだ。

◆武家や寺院での暖房器具は火鉢がお客様用で、コタツは家庭用であったようだ。

◆江戸時代中期には『置き炬燵』が広まる。 囲炉裏に代わり火鉢を熱源として、移動可能であったらしい。

◆1909年、東京・上野にイギリス人陶芸家であるバーナード・リーチが自宅に作った堀り炬燵が住宅向け掘りごたつの最初であったようだ。

◆小さな掘り炬燵でも腰掛け炬燵として使えるように、足を下ろす穴よりも囲炉裏になる穴が深く掘られ耐火性能を確保している。炭を床面よりもかなり深くに置く事になり、補充・灰掃除が大変なのと一酸化炭素中毒を起こしやすいのが欠点である。

◆志賀直哉・里見とんが褒めた事が宣伝となって昭和初期に全国へと普及したのがきっかけである。

◆電気こたつは大正時代に誕生したが、家庭には中々普及しなかった。 1956年、赤外線を熱源とした電気こたつは、戦後、高度成長期に横山良一の手によって登場し、主流となっていく。

◆1957年、東芝が従来の床置き式であった電気熱源を机の裏面に設置して足を伸ばせるようにした『電気やぐら炬燵』を発売。 爆発的な人気を誇った。

◆当初発売されていた電気炬燵は熱源部分が白かった。しかし、当時多くの人が「これで本当に温まるのか?」と疑問視してなかなか購入しようとはせず、売り上げが伸びなかった。そこで企業は熱源部分を赤くして温かさがきちんと伝わる様に見せたものを1960年頃に発売したところ売り上げが伸びた。

◆現在は冬場の暖房器具としてだけではなく、夏場にはこたつ布団をはずし、テーブルとして年中利用されることが多い。 そのため暖房器具ではあるが、通年商品となっている。

◆こたつ布団をはずした場合、テーブルに見える炬燵を電化製品業界では家具調コタツといい、家具業界では暖卓と呼んでいる。

◆47都道府県のうち、山梨県や長野県が最もコタツの所有率が高く、北海道や東北では最もコタツの所有率が低く、昔はガスや石油ストーブが使用されたが、近年ではオイルヒーター、パネルヒ―ターなどを利用することが増えている。


暖房器具の光熱費&Co2比較

暖房器具の電気代比較
27年度計測(1時間あたり) 消費電力 電気代 円 灯油・ガス代 Co2排出量 光熱費 円
エアコン(18畳) 745W 19.00 0.00 0.409 19.0
エアコン(6畳) 235W 6.00 0.00 0.129 6.0
カーボンヒーター 800W 20.40 0.00 0.632 20.4
ハロゲンヒーター 800W 20.40 0.00 0.550 20.4
オイルヒーター 1500W 39.00 0.00 0.825 39.0
電気カーペット 480W 9.00 0.00 0.264 9.0
電気こたつ 167W 4.30 0.00 0.092 4.3
石油ファンヒーター 75W 1.95 20.77 0.246 22.7
石油ストーブ 0.00 30.30 0.559 30.3
ガスファンヒーター 0.13W 0.30 29.40 0.222 29.7

ページトップへ